« 08年9月鹿島槍ヶ岳(4) 雷鳥 | トップページ | 09年春の浄土平(1) »

鹿島槍から帰って「日本百名山」

080927_014

写真は新潮文庫の「日本百名山」。有名な深田久弥氏の本です。
鹿島槍から帰ったら、どこからかこの古い文庫本が出てきた。
一瞬見て、この表紙の絵は鹿島槍から見えたあの剣岳かなあ・・・?
と思って手に取って久しぶりに読んでみた。

この文庫本は昭和58年8月印刷の第11刷で、それを古本屋で買ったようだ。
(定価は440円だが、鉛筆で300と書いてあるから、300円で買ったんだなあ)
昭和53年11月発行の文庫本だが、5年で11刷とは売れた本だったんだね。

実はいつ買ったのか全然覚えていない。
今回も一緒に登ったTさんが面白い本だと言っていたので買ったのかも。
たぶん10年くらい前だと思う。

読み返して見ると結構面白くて通勤中に数ページずつパラパラ読んでます。
百名山はご存知のように日本の高山がほぼ東から西に100山選ばれていますが、
僕も皆がそうするように、歩いたことにある山を順に数えて見ました。

八幡平、岩手山、早池峰、鳥海山、朝日岳、飯豊山、吾妻山、安達太良山、
平ヶ岳、ひうちヶ岳、那須岳、苗場山、雲取山、丹沢山、瑞がき山
八ヶ岳、仙丈岳、鳳凰山、北岳、間ノ岳、白馬岳、鹿島槍ヶ岳、剣岳、立山、薬師岳、
黒部五郎岳、黒岳(水晶岳)、槍ヶ岳、穂高岳、笠ヶ岳、木曾駒ヶ岳。頂上に立たなかった山も含めてですが。

数えると31山ですね。意外に多かったなあ・・・それと北海道と西日本の山がまだ一つもないですねえ。
百名山の中にもこれから登って見たい山はあります。北海道の利尻岳、東北の岩木山、八甲田山など。
でも百名山に拘って日本中の登ることは今後もないだろうな。
地理的に遠い山は余程の魅力がないと登り口にたどり着く気力が湧いてこないでしょうから。

ところで、「百名山」登山にはあまり共感できないものがありますね。
例えば飯豊山に登るのに、最短コースで飯豊本山に登って、飯豊連峰に登ったことにする人が多いとか。
飯豊なら本山から大日岳まではせめて歩いて欲しいし、大日岳に登れば牛首山まで行って見たくなるでしょ。
さらに小国側から石転び沢の大雪渓も登りたくなるでしょうし、やはり主稜線を縦走して見ないと一般登山としても十分ではないでしょう。

方々の山をほんのちょっとつまみ食いして次の山を目指すのは限られた時間がもったいないよなあ。

|

« 08年9月鹿島槍ヶ岳(4) 雷鳥 | トップページ | 09年春の浄土平(1) »

コメント

新潮文庫からやはり「日本百名山」が出てたのですね。
私も昔、この文庫本を買って(たぶん大学2ん3んか3年のころ)読みましたが、当時はこれに記載してある百名山を登ろうなんて人はいなかったですよね。
最近、もう一度読み返したくなって、書店でいろいろ探したのですが、探せませんでした。
私の記憶違いかと思ったのですが、単行本で読んだという記憶はなかったので・・。
たぶん、昔の本は全部、実家に置いてきてあるので、実家の書棚かな~?
数えたら、私が登ったのは35座でした。
私の場合は北海道と東北の山が少ないですね。それに九州も・・・。
昔は7泊とかで北アルプスを縦走してるので、そうするとずいぶん歩けるものです。
あと、三太郎さんと共通して登っている山に上越国境の山々が多いですね。私もどちらかというと、その付近の山々が一番懐かしいです。

投稿: keitann | 2008/10/26 13:42

keitannさん、こんばんは。

Amazonで見たら新潮文庫にまだありますね。
740円になってます。

>上越国境の山々が多いですね

平ヶ岳、苗場山などですか。
どちらも思い出深いです。苗場山は残雪期にスキーで行ったのですが、頂上には辿りつけず・・・

若いころは夏休みに東北の飯豊か朝日に毎年のように登っていた時期があったり、同じ山に何回も行く傾向がありました。
その頃、百名山登山の話はまだ聞いたことなかったですね。

投稿: 三太郎 | 2008/10/27 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93507/42653223

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島槍から帰って「日本百名山」:

« 08年9月鹿島槍ヶ岳(4) 雷鳥 | トップページ | 09年春の浄土平(1) »