« 2011年8月 白馬大雪渓から祖母谷温泉へ(3) | トップページ | 2012年8月 朝日鉱泉-鳥原山 »

2011年8月 白馬大雪渓から祖母谷温泉へ(最終回)

10日は不帰岳避難小屋に泊り、11日は祖母谷(ばばだに)温泉に下山しました。
この間、景観は特になく、避難小屋については現在、トイレが使えないことだけ書いておきます。

Dsc00462
12日は祖母谷温泉から欅平へ、さらにトロッコ電車で宇奈月温泉に出て、魚津-長岡-湯沢経由で横浜に帰りました。

以下は、トロッコ電車からの写真です。
Dsc00469

Dsc00470

Dsc00484

最後に、今回の山行きで感じたことを2,3点書き留めておきます。

◎清水尾根のルートは典型的な風衡草原の例だと思います。所謂お花畑が点在しますが、高度毎に異なる植生が楽しめます。
ただしこのルートは人にはほとんど会いません。とても静かな登山道です。

○不帰岳の避難小屋は居住性はよく、10名くらいは楽に泊れます。
水場も近く、この長いルートでは貴重な小屋です。
ただし現在、トイレが使用出来ないのが欠点ですね。トイレの再開を期待します。

●大雪渓のルートは登るに涼しく、お花も綺麗でよいルートですが、監視員?が方々にやたらいて、ありがた迷惑です。
稜線直下の避難小屋前の日傘のおじさんなどは何のためにいるのでしょうかね。

登山というものは自分でリスクを管理しながら自然に親しむ行為だと思っています。落石が危険であれば登山口に掲示すれば十分でしょう?
緊張感なく山を歩くのは返って事故の元でしょう。

|

« 2011年8月 白馬大雪渓から祖母谷温泉へ(3) | トップページ | 2012年8月 朝日鉱泉-鳥原山 »

コメント

三太郎さん、こんばんは。

その後、すぐにアップしていただき、ありがとうございます。
ここ数日、ちょっとバタバタしていて、アップは拝見させていただいたのに、お礼の言葉が遅くなりました。
なかなか静かで良さそうなコースですね。
ただ、車で行くとなると、車の回収が難しいかも・・・と思いました。

それと、前回書き忘れましたが、小さなブルーの花はヒメクワガタだと思います。
ミヤマクワガタは良く見ますが、ヒメクワガタはあまり見ないようです。

投稿: keitann | 2011/08/24 23:15

keitannさん、こんにちは。

白馬岳から清水尾根のルートは楽しいですね。一方、避難小屋から祖母谷温泉への下りは急で厳しいです。私には避難小屋での一泊がどうしても必要です。

ヒメクワガタの件、ご指摘ありがとうございます。一部の花が5弁に見えるので紛らわしいですが、間違いなさそうです。ヒメクワガタはシベが短いのですね。

投稿: 三太郎 | 2011/08/25 06:52

新しいカメラですね。きれいです!

投稿: ゆうな | 2011/09/10 13:15

ゆうなさん、こんばんは。

軽くてよい一眼レフです。が、やはりコンパクトカメラのように腰のポシェットに入れて持ち歩くことはできず、撮影の度にダックから取り出してました。山での持ち運び方は改善の余地ありです。

投稿: 三太郎 | 2011/09/10 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93507/52529380

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年8月 白馬大雪渓から祖母谷温泉へ(最終回):

« 2011年8月 白馬大雪渓から祖母谷温泉へ(3) | トップページ | 2012年8月 朝日鉱泉-鳥原山 »